映画出演決定のお知らせです。



いつも山本裕典を応援して下さりありがとうございます。
映画主演が決定しましたのでお知らせ致します。




映画「TOKYO24」のスピンオフの映画「Revive by TOKYO24」の制作が決定し、
この作品に主演をさせて頂きます。
 第16回モナコ国際映画祭(12月3日~6日)で日本映画最多5冠の快挙を達成し、
2019年5月公開予定の映画「TOKYO24」の スピンオフ として制作される
映画「Revive by TOKYO24 」が、
2019年2月に都内でクランクイン致します。
 
監督は、「TOKYO24」で監督、脚本、製作総指揮を手掛けた寺西一浩。
本作は、2019年、海外の国際映画祭に出品された後、国内で公開、映像配信されます。
 
▮映画「Revive by TOKYO24」
【作品概要】
後藤晴彦(山本裕典)は、捜査一課刑事として優秀だが母を過去に「孤独死」で亡くしていた。
後輩刑事の東條剛(寺西優真)は、次期都知事選に立つ母を持ち署内で特別に扱われていた。
ある日、2人は男の孤独死現場を担当するが、その男は以前、東條家で秘書をやっていた人物で剛は驚愕する。
遺留品のスマホから通話記録を調べると、元政治家で評論家の榊原仁徳(風見しんご)の名前があった。
2人は榊原に接触すると、特別捜査官・安藤彩(ギュリ)の監視下にあることがわかる。
榊原は、乱暴にAI化を進める政策には批判的な立場を示し、一部の権力者からは疎まれていた。
そして、様々な秘密を握る元秘書の男の死が殺人だと疑われ始めると、今度は後藤と剛が狙われ剛が殉職してしまう。
その後、榊原も自殺したと報道され、安藤はその真相を追う。
剛の遺体はある研究所に運び込まれた。
自分をかばい殉職した剛に一目会いたいと後藤が訪れると、そこで衝撃な光景を目にするー。
 
【主演 山本裕典
(後藤晴彦 役:新宿署 捜査一課 刑事)】
本人コメント
「今回は、このような映画主演のお話をいただき、とても光栄です。
今まで監督が描き続けてこられた『TOKYO24』の世界観を大切にしながら、そのスピンオフ作品として、さらにこの世界を表現していきたい、と思います。
そして、この映画をきっかけに、これからもいただいたお仕事を1つ1つ丁寧につとめていきますので、応援よろ
しくお願いします。」
 
本作共演 
寺西優真さん・ギュリさん・風見しんごさん


来年皆様とお会い出来るのを楽しみにしております。

株式会社ワイツー staffより


contactお問い合わせ

inquiry form